読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと☆漫画で戦国時代

戦国武将にまつわる逸話をゆるーく、漫画にしました☆それにまつわる観光地やエピソードをご紹介しています!

【スポンサーリンク】

井伊直政はとてもイケメンで仕事もできてる超エリート!家康「フフフ、やつは四天王の中で最も最若・・・」

 

f:id:moriairin:20170423205120j:plain

大河ドラマ「おんな城主 直虎」でおなじみ、井伊直虎の跡継ぎの井伊直政です!彼は徳川家の中でもトップレベルで仕事もできて・・・

井伊直政のイケメンっぷりに徳川家康は・・・

 

 

f:id:moriairin:20170423205648j:plain

後の天下人もゾッコンだったイケメン武将、井伊直政

 

まさかの徳川家康、家の中に家を建てる!そこまでさせちゃう井伊直政凄いです。笑

 徳川家の家臣は熱い絆で結ばれていて、家康はめちゃくちゃ家臣に支えられ天下人になっていきます。

 

徳川家には古くから仕えている家臣が多い中、井伊直政はポッとでの新参者でした。現代でいう所の「中途採用」です。

 徳川家康井伊直政を引き合わせたのは、大河ドラマでおなじみになりつつある、
おんな城主の井伊直虎さんです!

 

井伊直政が生まれた頃はまだ、井伊家は今川家に仕えていました。しかし、本能寺の変今川義元が戦国の舞台から姿を消し、どんどんと今川家は弱体していきました。
 
今川義元は、本能寺の変で万の兵を率いていたのに、当時田舎の小物大名だった織田信長に負けてしまいました。あまりにもこの本能寺の変の出来事が有名すぎて、今川義元は一般的にあまり優秀な大名じゃないイメージがありますが、実際はかなり優秀な人物だったそう!
 
風林火山で有名な武田信玄は、今川義元を政治のお手本として尊敬していたそうです。
そして義元は弓術の腕も超プロ級だったとか!
でも「今川義元は太ってて馬に乗れなかった」なんて逸話も残っちゃってます。笑
 
その今川義元の息子の氏真が義元の後を継ぐのですが、その後まもなく今川家は滅亡してしまいます。 
ちなみに武田信玄今川義元と同盟も結んでいたのですが、義元がいなくなって氏真の代になったとたんに同盟を破棄しています。見事な手のひら返しです。笑
 
そして怒った氏真に塩の輸出を禁止されて武田信玄の領内は塩不足におちいってしまいました。それを助けてあげたのが上杉謙信、あの有名な「敵に塩を送る」の語源となった出来事です。

【スポンサーリンク】
 

徳川四天王にまで上り詰めた井伊直政 

・・・と、話が今川家やら信玄公にそれましたが、その後、井伊家は徳川家に仕えるようになります。その頃には徳川家はメキメキと力をつけていました。
 ノリにノリだした徳川家、父の父の代から徳川家に仕えていた家臣がたくさんいるなかで、直政はよそものだし、年齢も若い。
 
直政「徳川の人たちに認めてもらうにはなんとしてでも結果をだすしかない!!」
 
 直政は、戦場でも自ら先陣にたち、徳川家の為に体をはって働きました。
そんなまっすぐな努力家な直政はいつしか徳川四天王にも数えられるほどに大出世したのです。
 
四天王なんて聞くとめちゃくちゃカッコイイですよね!その徳川四天王の中で井伊直政は最若だったわけですが、家康は直政の事を心から信頼していました。
戦など大事な局面で悩んだ時などはまっさきに井伊直政に相談していたといいます。
 
井伊直政は誰よりも戦で先陣を行きたがる猪武者であり、井伊の赤備えと呼ばれる屈強な部隊を引き連れ、「井伊の赤鬼」なんて異名をつけられていました。
 仕事もバリバリできるし顔もイケメン、上司には信頼されて若いうちから出世街道まっしぐら・・・現代にいても十分モテるでしょう!モテないはずがない高スペック!
井伊直政は一言でいえば『イケメンエリート武将』ですね! 

井伊といえば彦根城! 

f:id:moriairin:20170428011921j:plain

ちなみに彦根城で有名なひこにゃんのかぶっている兜は井伊直政の兜がモチーフとなっています!
 井伊直政本人は、彦根城が建つ前に逝去しているので、城主だったわけではないんですね。
2017年は大河ドラマも井伊タイトルだし、もともと有名な観光地なので今年は特に彦根城は人が多いかもしれませんね。
もちろん、お城自体の見学も楽しいですが決まった時間に行けば、ひこにゃんにも会えますぞ!ほっこりする可愛さです!
そしておみやげコーナーもひこにゃんグッズが沢山あるので、ひこにゃんファンには本当にテンションあがる観光スポットです!
 
≪詳しくはコチラ公式サイトをご参考下さい≫

 

【スポンサーリンク】
 

ブログ、記事リンクフリーです。 画像のみの無断転載はご遠慮願います。 ©moriairin