読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと☆漫画で戦国時代

戦国武将にまつわる逸話をゆるーく、漫画にしました☆それにまつわる観光地やエピソードをご紹介しています!

【スポンサーリンク】

歴史探索の旅!赤穂大石神社は忠臣蔵?ノンノン!鬼武蔵の聖地だよ!

こんにちは!
今日は赤穂大石神社の情報を解放します!

ここには戦国の暴れん坊武将、森長可(もり ながよし)ゆかりの品が封印されているのです!鬼武蔵ファン集まれ〜!!

さて、赤穂大石神社といえば兵庫県赤穂市にある、忠臣蔵で有名場所です!
冬になると赤穂義士祭というお祭りがあるんですけど、これがめちゃくちゃ豪華なんですよ!

 


2014年にはマツケンこと松平健さんが祭りのゲストで来たり・・・もっと昔には必殺仕事人でおなじみ藤田まことさんも来た事があるそう!


祭りの日じゃなくても、イベントシーズンに行けば、赤穂浪士の格好をしたお兄さんがわらわらといたりもします!和服萌えにはたまりません!笑
冬に行った時、暖かい甘酒とお菓子が無料でもらえたりもしました!
詳しくは後ほど!

赤穂大石神社に眠る鬼武蔵


さてさて、私は中国地方に住んでいる事もあり、何度かここ、赤穂大石神社に来てます。
というのも、大好きな鬼武蔵こと森武蔵守長可が、小牧長久手の戦いで着ていたといわれる甲冑があるのです!!

f:id:moriairin:20170430173808j:plain


ハイどーん!コレです!!
これね、すっごく小さいんですよ!男の人着れないでしょ!ってくらい小さいんです!
甲冑が華奢!笑

f:id:moriairin:20170430173824j:plain

傍若無人な逸話が沢山あって戦場では暴れん坊で、鬼武蔵なんてアダ名をつけられているほどの森長可、以外にも超小柄なんです!
戦国時代の人は、現代の人より平均身長が低いとは言いますが、それにしても小さすぎるレベルです。笑

そしてこの甲冑、小牧長久手の戦いで着ていたとされているんですが、兜はないんですよね。どうやら兜は別の場所にあるとのこと・・・

 

【スポンサーリンク】
 

龍をあしらった超イケてる鬼武蔵の兜!

どーん

f:id:moriairin:20170430173857j:plain


こちらの派手な兜は、同じく赤穂大石神社の展示コーナーに置いてある鬼武蔵の兜です。どうですか?めちゃくちゃ派手ですよね!
ダサいとイケてるの紙一重の差でしょうか。私個人としては『鬼武蔵がこれをかぶっていた』という事実だけでイケてる兜に見えるので、イケてる部類に入るとジャッジさせていただきます。笑
ちなみにこの龍の兜は、上に紹介した小牧長久手の戦いに着ていた甲冑とは別セットのものだそうです。

赤穂大石神社と森家の関係

そしてひとつ疑問に思うのが、なぜ森家ゆかりの品が赤穂大石神社に?
という事です。森長可岐阜県、美濃の武将です。
そして赤穂大石神社は兵庫県森長可の歴史を見てもそんなに関わるような出来事はないように見受けられます。

なんですが戦国時代が終わり、赤穂浪士で有名な浅野氏が赤穂藩主を務めたのち、森家の子孫が赤穂藩主になっていたとのことです。
どうやらこれは、森家が赤穂入りした時にもちこまれた品のようですね!
鬼武蔵の兜や甲冑以外にも森家ゆかりの甲冑や、書物なども展示してあります。

f:id:moriairin:20170430173954j:plain鬼武蔵のパパ、森可成(もり よしなり)の甲冑。

大きな鶴の丸の家紋がめちゃくちゃオシャレです!

f:id:moriairin:20170430174228j:plainまたしても鬼武蔵パパのお宝。馬にのる時に使う鞍(くら)と鐙(あぶみ)です。

勝利の縁起ものとしてトンボのデザインがほどこされています。トンボは「勝ち虫」と呼ばれていたそうです。

赤穂大石神社アクセス情報

f:id:moriairin:20170430174536j:plain

 

私は森長可目当てで赤穂大石神社へ行きますが、メインは忠臣蔵赤穂浪士たちです!
赤穂浪士たちをかたどった沢山の石像や、赤穂浪士のストーリーを追った展示品などがあり、歴史好きには楽しい場所となってます!

メインの赤穂浪士たちの展示品は、人形や像、書簡や武具など盛り沢山で森家の品々の比じゃないほど充実しております!
もちろん、神社なのでお参りもできます。
年末年始にも行ったことがあるのですが、その時期は出店もでて、沢山の人で賑わっていました!

そして赤穂大石神社のすぐ近くには赤穂城跡という城跡があります。個人的な印象ではそんなに規模のでかいものではないですが、歴史を感じるには十分です!

赤穂義士祭は春に開催されています。

兵庫県赤穂市、赤穂大石神社、ぜひ探索してみてください!

赤穂大石神社情報

住所:兵庫県赤穂市上仮屋城内
通常の参拝時間:8時30分〜17時
お祭りなどの詳しいイベント情報はこちらの公式サイトをご参考ください。

春 イベント詳細|赤穂観光協会

 

鬼武蔵に会いに行きたい!

鬼武蔵こと森長可に会いに行きたい方は是非こちらをご参考ください!

鬼武蔵が最後に戦った地、愛知県の小牧長久手レポです。

moriairin.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】
 

ブログ、記事リンクフリーです。 画像のみの無断転載はご遠慮願います。 ©moriairin