読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと☆漫画で戦国時代

戦国武将にまつわる逸話をゆるーく、漫画にしました☆それにまつわる観光地やエピソードをご紹介しています!

【スポンサーリンク】

可児才蔵、汁かけご飯で見抜いたり!「可児(カニ)だけに蟹。」やかましいわ!

f:id:moriairin:20170426200443j:plain

 知る人ぞ知る戦国時代の勇猛果敢な武将、ご存じですか?

戦国武将の間でも人気の高かった可児才蔵は頼れる男だった・・・!

逸話漫画!可児才蔵、汁かけご飯で見抜いたり!

 

f:id:moriairin:20170428013612j:plain

f:id:moriairin:20170426200512j:plain

f:id:moriairin:20170426200517j:plain

可児才蔵(かに さいぞう)って何者?

可児才蔵(可児吉長とも表記される)は、美濃(岐阜)の可児郡出身の武将です。一般的にはそんなに有名な武将ではないかもしれせん。
織田信長武田信玄のように大国を収める領主とかでなく、下に仕える武士です。

可児才蔵は、主君を何度も変えていることでも有名でした。
美濃の斎藤道三に始まり、織田家家臣の柴田勝家明智光秀織田信孝、秀吉の甥の羽柴秀次前田利家福島正則・・・と、かなり職場を転々としています。
履歴書に書くと職務経歴の欄がすごいことになりそうですね・・・。笑


職場を何度も変えているということは、現在と同じで戦国時代でも『こんなにすぐ職場を変えるなんて・・・』といったネガティヴな反応があったみたいです。
が、可児才蔵はとても武勇に優れ、『アイツは強い!』と有名だったらしく、マイナスどころか引く手数多の人気武将だったそうです。

そして福島正則に仕えてからはずっとそこで働いていたので、福島正則には可児才蔵の心をつかむ何か魅力的なところがあったのかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】
 

可児だけに、蟹!

可児才蔵は、戦場でかぶる兜に蟹のデザインをあしらっていたんだそう!
『可児(かに)だから蟹の兜なんだぜ!』と。
しょうもないですが、そんな可児才蔵が可愛いですね。笑
そんな可児才蔵は槍の達人であったと言われています。
ちなみに残念なことに、この兜は現存していないのか、調べてもでてきません・・・。

カリスマ性抜群の『笹の才蔵』!


可児才蔵はめちゃくちゃ強い武将として有名で、他の武将からの人気も高かったと言われています。
そんな彼の人気の決定打とも言えるような、有名な逸話があります。『笹の才蔵』の異名をとった時のことです。

才蔵は、とある戦で誰よりも敵の首をとりました。その数なんと17!
こんだけの数だと、戦場から1人で持って帰れませんよね。仕方ないので、才蔵は戦場に置いたまま去ります。

そして戦の後、討ち取った相手の身分や数によって恩賞が与えられます。
可児才蔵は、大将に自分が敵を17人討ち取った事を伝えましたが信じてもらえませんでした。

大将『17人と言うけど証拠がないじゃないか!嘘ついてもだめだぞ?』

才蔵『持ちきれないので戦場においてきました。調べたらわかりますよ、ちゃんと自分が討ち取ったとわかるように証拠を残してますから!』

大将『証拠?なんだその証拠とは?』

才蔵『討ち取った首に笹の葉を含ませています!』

・・・そういって、戦場から持ち帰った敵の首を調べると、確かに笹の葉を含ませてあるものが17でてきました。
これにはまわりの者も驚くと共に感服、さすがは可児才蔵、武勇に優れた剛の者だと褒め称えました。
そしてついた渾名が『笹の才蔵』です。

確かな武力にこの斬新なパフォーマンスで可児才蔵は有名人になったんですね!
そして何がすごいって、敵だらけであろう戦場で、笹の葉を含ませる余裕があるという事・・・笑

もうひとつの汁かけご飯のエピソード

この汁かけご飯のエピソードは、北条氏政にもあって、多分(とゆうか絶対)こっちのほうが有名であります。

NHK大河ドラマ真田丸でも北条氏政が汁かけご飯を食べるシーンがありました。
北条氏政は関東一帯を支配する大大名だったんですが、超大勢力を誇ってきたエリートである北条家を自分の代で滅亡させてしまったせいで、愚将というイメージがあります。

その北条氏政の父、北条氏康は息子の氏政がご飯に汁を二度かけて食べているのを見て、『飯にかける汁の量もわからんやつがこの先、国の事を上手く判断してやっていけるわけがない・・・』と、北条家の終わりを予感し嘆いた。という逸話があります。

北条氏政に関する汁かけご飯の逸話も、今回紹介した可児才蔵の逸話とほぼ一緒の内容なんですよね。
戦国時代の逸話は後世に作られたものも多く、信憑性に欠けるものたくさんあります。
可児才蔵の逸話と北条氏政の逸話、どちらが先かわかりませんが、話のベースが同じなのでどちらかのエピソードが片方の逸話を生んだのかな?と思います。

【スポンサーリンク】
 

ブログ、記事リンクフリーです。 画像のみの無断転載はご遠慮願います。 ©moriairin